カマグラの副作用について

カマグラ NAVI

カマグラの副作用について

カマグラは勃起不全治療薬の一つとして注目を浴びています。
日本でも類似成分の治療薬はでていますが、価格が高くなかなか購入することができません。
身近で利用しやすい「カマグラ」ですが、個人輸入にて購入をします。
ジェネリック医薬品であり、薬自体の安全性も高く、価格が安いという良い点ばかりが目につきますが、効果についても十分に期待されています。
しかしながら、治療薬なので当然ながら自分の体に薬が合うや合わないということや各種副作用が予想されます。
そのような中、「カマグラ」の副作用とはどのような作用があるのでしょうか。

カマグラの成分はクエン酸シルデナフィルが主成分となっています。
この主成分は他の勃起不全治療薬と同様に、血流を増やすことで治療していくということになります。
このクエン酸シルデナフィルの副作用として挙げられるのは、頭痛・視覚異常・顔のほてり、または腹痛・吐き気・消化不良があります。
主成分のクエン酸シルデナフィルは、血管を拡張する作用があり、バイアグラとも同様の成分でもあります。

しかしながら、副作用としては軽微なものであり、死亡に至るまではいかない為、心配をするようなことはあまりありません。
このような点からも比較的安全な治療薬ということがわかります。

しかしながら、日常化することは危険と言えます。
頻繁に服用していると、従来の用量では改善されなくなり、服用する量を増やす方がいます。
このような行動は、副作用を増す傾向にあり、極力副作用が発生しないように計画を持ち、正しい服用方法を守り使用することが大切です。

日本の治療薬と大きく違う点は、日本では診察後に治療薬を出しますが、「カマグラ」を服用する際は、購入も服用も全て自己責任となります。
まずは、本当に勃起不全かどうかを医師に相談をすることが最優先と言えます。
費用がかかるからといって、自己判断で服用をするのではなく、きちんと確認してから服用をすることが大切です。
治療薬の為、他の成分と合わさると副作用が強まったり、最悪の場合は死に至ることもあります。