BULL-100について

カマグラ NAVI

BULL-100について

昨今、インドの製薬会社を筆頭に多くのジェネリック医薬品の製造が盛んとなっています。
大まかな主成分については多くて3種類くらいが考えられます。
その様な中、「BULL-100」についても、勃起不全治療薬として知名度のある医薬品となります。

しかしながら、日本では効能や用法などの服用に関する詳細は未表示であり、他の医薬品については、効能や副作用ということについては、公表されてないケースも多数存在しています。

他の勃起不全治療薬とBULL-100の違いについては何があるのでしょうか。
主成分としては、多くの治療薬で活用されているシルデナフィルクエン酸塩であり、効果としては期待されます。大きな違いとしては、薬形状の違いによるものです。

BULL-100はソフトカプセルを採用していて、大変飲みやすく、持続時間も比較的長くなっています。
このように、現状インドでは、安価で販売することが可能であるジェネリック医薬品に力を入れており、今後ますます海外とのやり取りが増加してくることが予想されます。

勃起不全治療薬としては、「BULL-100」のようなソフトカプセル対応が最も良いと言われています。
まずは、服用後の体内に入り、効力を発揮するまで多少の時間がかかることがあります。
錠剤タイプと比較すると早く効果があらわれます。
次に、消化器官への負担の軽減です。

良く効く医薬品については、必ずといって良いほど副作用がついてきます。
錠剤タイプですと、個人差はありますが胃が炎症を起こしたりする場合が想定されます。

デメリットとしては、多くの方が実行していただいている、薬を半分のみ服用するということは、「BULL-100」はできません。
ソフトカプセルの為、半分の服用ができず効果が出すぎる可能性があります。
効果が出るということは、副作用が発症する可能性が高くなります。

このように、勃起不全の治療薬と考えると、数多くのジェネリック医薬品が錠剤であるのに対して、「BULL-100」はソフトカプセルタイプであり、今後の大きな注目を浴びる可能性が高くなってくることが予想されます。